スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
目から鱗が落ちるおそるべし鳥肌ものなスゲー話
たまに目にするけど、自分ではあまり使わない表現です。

トリハダもん!
って言ったり書いたりするけど、ほんとうに鳥肌になっているのか?鳥肌が立っているのか?

目から鱗が落ちる。
もともと人間の目には鱗が無いので、何かの比喩なのだが、要するに、それは「見えなかったものが見えた」という程度かね。見えてない・知らないでいる・気付いてない自分が悪かった、ということですかね。

○○おそるべし!
「おそるべし」が、恐るべしなのか畏るべしなのが分からないのでなんとも言えないことがある。でも、○○が、恐れたり、畏れたりする対象にもならないチンケなものだったりすると、なんだかな、と思う。張り子の虎かもね。

すごい、すげー。これは、僕も良く使う。笑い。

| tomokazu2006 | 20:20 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:20 | - | - |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode