スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
Z21が到着
Z21、法人注文したやつがやっと先日到着。間にリース会社が入っているせいか、発注から納入まで2週間もかかった。仕様はオーナーメードでやったんでi7とかカーボンとか。Power Media Dockは使わないので付けず。発注後、Z22の情報が入ったが当然変更効かず。まあ微差なので、いいやと。

内蔵スーピーカーの悪さがさんざんたたかれていたが、確かに良くはないが、俺のは最初の立ち上げ時の音割れはなかった。たぶんボリュームレベル調整したんだろう。音楽聴くには確かに非力だが、コーション音の認識には十分だろ。俺的には、スピーカーオフでの日常使いなので、この程度のやつでぜんぜんOK。というより、せっかくのノイズキャンセリングヘッドホンなんだから、これ使おうぜ。音はかなりいい。

WindowsのUpDateが30何個。Vaio Updateが少々。最初、Vaio Updateをやる。しかしインストールの途中で進行しなくなる。タスクトレイでアイコンが時間待ちで回りっぱなし。しばらくしてもラチがあかん雰囲気だったので、タスクマネージャーで強制終了するも、タスクトレイの回りっぱなしのアイコンは消えず。くそったれ、Vaio Update!と毒づきつつ、シャットダウン強行するも、今度は、30何個のWindowsのUpDateがはじまっちまった。

光ネット回線ピカピカ、Zのファンがぶんぶん回りだす。最高に回ってる感じだが、ファンの音は思ったよりは小さい。たぶんSAより静か。30何個のWindowsのUpDateはなかなか終わりそうにないし、Vaio Updateの未完が気になるので、ここは、思い切って電源強制オフでぶった切る。再立ち上げ時、異常終了メッセージが出てのWindows起動だが、気にせず見守る。再立ち上げしても、なんとVaio Updateはいぜんとしてタスクトレイでアイコンを回りっぱなしにしたままで、しつこずぎ。コンパネのソフトウェア削除でVaio Updateを排除してVaio Updateの暴走(というかハングアップ)にやっととどめを刺した。タスクトレイからVaio Updateアイコンが消えているのを確認。やれやれ。それにしても、なんなん、こいつ。

ということで、たちの悪いVaio Updateのことは忘れて、30何個のWindowsのUpDateを優雅に実行。それなりに時間かかって終了。ここであらためて、Vaio Updateの最新版をソニーのサイトからダウンロードしてインストール。Vaio Updateのデバドラ更新などを実行。今度は、何のつっかかりもなく、程なく完了。

それにしても液晶が綺麗だわぁ。こたえられん。

今のところポップアップしてきてウザいのは、

・ウイルスバスター2011クラウド(90日期間限定版)
・Spy Sweeper(90日期間限定版)

だ。「90日期間限定版」というのが貧乏くさいので、削除するぞ。リカバリーメディア作成は、メデアをまだ準備してないので作る気力がわかない。どーせ、HDDリカバリーがあるのでそれでいっか、とか思う。

で、ウイルスバスターなんだが、前パソコンからデータコピーを始めてしばらくしたところ、5件のウィルスを発見→削除とのメッセージ。うーむ、やるじゃん。このウィルスは、たしか10年くらい前に、Unixサーバー上でメール受信したexeファイルの添付エンコードテキストで、その当時も、ウィルス反応してたけど、まあ、テキストにエンコードしてあるからいいか、とそのままアーカイブしてあったものだ(うん、確かに危ない)。Unixサーバーを更新したおり、home/Mailの内容を自分のパソコンにバックアップしたのだった。そんな古いエンコードテキストも検出するなんて、やるなあ、と思った。特に、じゃまにならなければ、このアンチウィルスツール、このまま使ってみるかと思った。

ChromeはChrome8がすでにインストールされている。2chに、このChrom8からアップデートするとうまくゆかん(古すぎるから?)との情報があったので、Chrome8をいったんアンインストールし、最新版のChrome15をダウンロードしてインストールし、ノーエラー。2chでも書かれていたが、なんで最新発売なのに超古いChrome8なん?ということ。

VAIO Z液晶は、13型1920×1080のFHDなので、そのまま使うと字が小さくて読みづらい。いくつかの設定箇所があるのだが、相互が関連しつつ、ウェブページのレイアウト崩れが予想されたり、拡大によって画像がぼけたり、いまひとつ実態を掴みづらい。IE9は、拡大率110%で使うのがソニーのお勧めのようだ。で、Chromeも110%に設定しようとするが、できないようになっている。IEは1%刻みで設定できるのだが、Chromeは、69%、83%、100%、120%、144%から選べという選択肢なので110%が設定できない(不自由だなあ)。それにしても、69とか83とかこの変な数字はなんなんだ?なんか根拠があるのだろうか?せめて10%刻みで設定できればいいのに…。ためしに、IE110%とChrome120%に設定して画面で同じページを見比べてみたが、Chromeの文字がかなり大きく感じるので違和感ありありだ。とはいえ、IE100%とChrome100%という設定は、読みづらい極小文字に出会うケースが増えるので避けたい設定である。もちろん、写真系は、1920×1080のため圧倒的に綺麗であり、文字もジャギーも目立ちにくく、適切な文字寸法なら抜群に読みやすいわけで、字か大きくなるからといって、画面解像度を荒くしたり、不必要に拡大率を上げたりすると逆効果であり、小さい字は視力との兼ね合いもあり、ここは考えどころである。自分の能力を超える小さい文字設定にして、眼疲労を起こすのも良くないし…。

前パソコンからデータをコピーして前パソコンの内容をVAIO Zに再現する。都合、60Gバイトほどのデータをコピーするが(画像が8割くらいの容量を占める)、2時間弱かかる。前パソコンからeSATAで外部HDDにコピーし、VAIO ZにUSB2.0で移す。前者は慎重にデータ選択・確認しながらやって1時間。後者は、単純コピーのみで1時間。けっこう、かかるもんですね、60Gバイト。1年に1度くらいの頻度で、自分のパソコンの内部全体更新というか入れ替えをやる。データ取捨選択も同時にやることもあり、神経と時間を使う。まるごと引越しコピーが簡単でいい、との記事を読むが、まるごとをやりたくない(整理もしたい)ので、あえてマニュアルで引越しをやっている。とはいえ、マイドキュメントとマイピクチャーの二つのフォルダーの引越しが主で、アプリはインストールし直す派です。VAIO Z、8割9割コピーが進んだところで、ファン回転が最高潮になっているようで、かなりの音量。深夜だったので非常に目立って耳ざわりだが、前パソコンT410の内蔵DVDドライブの回転音と、音量・音質ともに同じような感じであるので、まあ、こんなものかなと。過負荷かけないかぎりこんな音はせず、平時はいたって静かなVAIO Zのファン音ではある。
| tomokazu2006 | 22:48 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:48 | - | - |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode