スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
ヒールは橋下だろ
すごいねぇ、橋下さん、って確かに思う。自分の部下である、市職員とその労組、さらには教育委員など、ボコボコにする言動には容赦ない。まったく優しさのかけらもない。こんな上司が部下にパワハラで訴えられるんだなあと思う。俺は、これはあきらに橋下の弱いものいじめだとは思うのだが、一般市民にとっちゃあ市役所の中の人なんてお役人さんで威張っているというイメージがあるので拍手喝采というのも気持ちはわかる。

http://www.j-cast.com/kaisha/2012/01/31120538.html
しばしば立場の違う人同士が集められ、対決させられる。最近、このジャンルにおいて、橋下徹さんというムチャクチャ強力なキャラが出現し、対決した相手をコテンパンに叩きのめし続けている。つい先日も、北大の山口二郎センセイが報ステで、ほとんど一方的にどつきまわされていたわけだが、見ていてふと感じたことがある。これは四角いジャングルなんだな、ということだ。

城繁幸の言だが、趣旨はテレビ局の安易な番組づくりの批判であって、御意である。プロレスのアナロジーも気が効いている。ついでに、「山口二郎とか香山リカとか内田なんとか」などと呼び捨てにして橋下好きをかもし出しているのも正直だ。あげくのはてに、

なにせ、大学教授の肩書の上にふんぞりかえったヒールが、無様に叩きのめされる殺人ショーだから。ただ、そのヒールを今日まで育ててきたのはメディア自身だ。

などと書く。しかし、そう書くなら、どう考えてもヒールは橋下だろう。橋下もメディアで育った人物である。山口二郎との対戦を見てもそれは明らかだろう。口八丁手八丁、口数、手数、山口の何倍もの攻撃である(手数というのは身振り手振りのことだが)。ここだけみてもベビーフェイスは山口だ。プロレスでもそうだが、派手に立ち回るのはヒールであり、ヒールの攻撃に黙って耐えに耐えて最後に勝負に勝つのがベビーである。

特に、朝生での香山リカ(大学教授の肩書の上に…)との対戦にからめて、ヒールを香山リカ、ベビーを橋下徹とするのは「あんたプロレス分かってないだろ」と言いたい。まあ、このメンツだと、本当の悪役は内田樹だろう、という見立てをするなら一聴の価値はあると思う。なにせ、城がフルネームを書くのを躊躇うくらいの人物なのだから。テレビにはまず出ない。きっと闇の帝王なのだろう。

俺は、テレビでプロレスを見て育った人間なので、歴代ヒールのプロレス史的価値については十分に理解できているつもりだ。だからこそ、ヒールは橋下だ、と断言するのである。

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51768741.html
いろいろ話題になっている橋下徹市長と山口二郎教授の討論がネットに残っていたので見た。おもしろい。ひとことで言うと、山口氏はサンドバッグ状態である。
池田信夫

http://kirik.tea-nifty.com/diary/2012/01/post-8d39.html
いま、香山リカ女史の無能さがヤバい
いや、この人本当に駄目なんだなと改めて思う記事が、凄い釣り針と共にダイヤモンドオンラインで掲載されていたので読んでしまいました。
やまもといちろう

こういう権力系の人は橋下びいきなんですよね。これもヒールの要件だな。ということで、完全にヒールの街と化した大阪市のご発展を期待したい。最近、お隣の堺市が橋下の大阪都計画からの離脱を表明したんで、ベビーの街としての位置付けは堺市になるんだと思う。子羊的存在になってしまった堺市、さてどうなることやら。
| tomokazu2006 | 20:29 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:29 | - | - |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode